こもれびの里せせらぎ
  1. トップページ>
  2. こもれびの里せせらぎ

私たちは、介護を必要とするご利用者に対し、その人らしい生活を自分の意思でおくることができる『高齢者の尊厳を支えるケア』をいたします。
その中で培われた生活様式や習慣を具体的に把握することで、家族の思いやりにも通じたかかわりを築きながら、ご利用者が落ち着いた環境の中で生活を営めるように支え、さらに介護度の維持回復に努めます。

ユニットケアとは?
家庭的な雰囲気の中で利用者を10名前後の小集団(ユニット)に分けて、その単位で生活していただき、職員は介護する人ではなく、生活を共にする人として利用者と寄り添って過ごす介護(ケア)の手法です。
ユニットケアのメリット
①入居者のプライバシーがより多く確保された生活空間を持つことができます。
②「自分の生活空間」と同ユニット内の「少人数の入居者が交流できる空間(共有スペース)が区別でき、入居者のストレス軽減につながります。
③個室近くの共有スペースを設けることで、他の入居者と潤滑な人間関係が築け、相互の交流が進みます。
④利用者のご家族が気兼ねなく入居者を訪問できます。
⑤インフルエンザ等の感染症の防止に効果があります。

特別養護老人ホーム

所在地 北見市北光280番地10 TEL(0157)68-1165 
定  員 50名
ご利用対象 ・要介護認定(原則要介護3~5)を受けている方
※要介護1・2の方が特例的に入所できる場合があります。詳しくは、お問い合わせください。
※要支援の方はご利用いただけません
特殊な治療等が必要な方は、お受け入れできない場合がございます
申し込み方法 1.お電話またはメール等により、あらかじめ担当者にご相談下さい
ご来所いただく日時を打ち合わせ致します
2.打ち合わせ日時にご来所いただき、お話を伺ったうえ、必要書類の説明や施設内見学等のご案内を致します
3.お申し込みの際には、入所希望確認書により、入所希望施設をお知らせ下さい
ご利用料金 利用料金の参考資料をご覧ください。
ご不明な点はいつでもお気軽にご相談ください。

施設案内・生活の様子

ユニット

せせらぎは5つのユニットで構成されており、各ユニットはそれぞれの玄関をもっています。 ひとつのユニットには個室10室とトイレ2箇所、浴室1箇所、そしてキッチン・リビング・ダイニングの空間をもっています。
リビング・ダイニング

1日の流れ

一日の流れ

せせらぎでの生活

キッチンでは昼食・夕食の調理をいたします。昔から、繰り返し行ってきた行為や動作は認知症がかなり進行していてもできるもので、米を研ぎご飯をよそい、茶碗を洗う・・・。
職員が何もかもしてしまうのではなく、生活そのものをケアとして組み入れ、ADL(日常生活動作)の維持回復に配慮しています。
高齢者のペースでゆったり生活し、充実した暮らしの中で生活に継続性を与えることは情緒を安定させ混乱を少なくできるといわれています。現実とミスマッチになることが少なくなります。
*お部屋には洗面台を設置、テレビ・冷蔵庫・タンス・ベッドをご用意しております。
居室 談話室 ユニットホール

機能回復訓練

浴室はあえて小さくしました。一人でも多くの方に対して、残存機能を引き出したマンツーマン入浴をして頂きたいと考えています。
トイレ、お風呂

ギャラリー

  畑仕事中 習字教室
  畑仕事はさすがです 習字教室